電気温水器のメンテナンスをやってみました(やってもらいました)パート1【前置き】

その他

某リフォーム会社さんに電気温水器のメンテナンスをやっていただいたので、教えてもらった手順をご紹介します。(前置きが長くなったので、実際の手順は次回ご紹介します)

今すぐ実践編を読みたい方はこちらへどうぞ

 

温水器の前でリフォーム会社さんと記念撮影(笑)

 

 

メンテナンスをお願いしたいきさつ

近所でリフォーム工事があり大きな音が出るからということで、某リフォーム会社さんがご挨拶に来られました。その際 おわびに電気温水器のメンテナンスを1回だけ無料でやってくれる というご提案をいただき、裏がありそうだと疑いm 以前から気になっていたので喜んでお願いしてみました。

電気温水器ついて

我が家の電気温水器は、日立のフルオート【追焚上手】BE-F46DWU という機種で、設置して5~6年くらいかなぁと思っていましたが すでに7年以上経過していたようです。


説明書によると

  1. 日常のお手入れ
  2. 月に1度のお手入れと点検
  3. 半年に1回のお手入れ

という3パターンのメンテナンスが書かれています。

1番目は 日常のお風呂そうじ
3番目は 風呂釜洗い洗剤を使った風呂釜配管のお掃除

ということで、特に難しいこともなく定期的にやっていたのですが

2番目の「月に1度のお手入れと点検」だけは、設置してすぐの頃に一度だけ挑戦してみたけど良くわからなくて挫折したままになっていました。

説明書(PDF)
https://kadenfan.hitachi.co.jp/support/hot/item/docs/17A23355A_b.pdf
点検は40ページから


メンテナンスしないとどうなるの?

電気温水器は水道水をタンクに貯めて温めているのですが、何もしないで放っておくとタンクの底に水道管から流れてきたゴミが溜まったり、タンク内部に湯垢が付着したり、フィルターが目詰まりしたりするそうす。

そこで時々タンクの水を空っぽにしてゴミや湯垢を排出してあげたり、フィルターを洗ったりしなければならないのですね。

衛生的にも良くないのですが、タンクの底に溜まったゴミを出してあげないと排水管が詰まったりして、温水器の寿命も短くなるらしいですよ。

決して安くない電気温水器ですから、こまめにメンテナンスして少しでも長く使いたいですね。

今回はここまで

ちょっと前置きが長くなってしまったので、今回はここまでにします。
次回から本気出して 本題のメンテナンス内容を紹介しますよ!

実践編へ続く>>