グランフォンド糸魚川2017(完結編)

自転車, ロングライドイベント

10月1日(日)に参加した自転車のロングライドイベント「グランフォンド糸魚川」のレポートです。念願のカレーも食べることができ、目指すはゴール!

グランフォンド糸魚川2017(前日編)
https://wanderism.net/archives/192

グランフォンド糸魚川2017(導入編)
https://wanderism.net/archives/226

グランフォンド糸魚川2017(序盤編)
https://wanderism.net/archives/253

グランフォンド糸魚川2017(中盤編)
https://wanderism.net/archives/334

グランフォンド糸魚川2017(終盤編)
https://wanderism.net/archives/376

 

ついに念願のカレーを飲み干し、気力満タンになったところで12:50。このままのんびり休憩していては、次の罠にまんまと引っかかってしまうので、F光さんと一緒に慌てて出発します。

昨年までの記憶では、ここから罠の関門まで10kmくらい。時速30kmで走っても20分かかる計算になります。けっこうギリギリなのでちょっと焦り気味だったんですが、実際は10分もかからずに、あっけなく通過できました。

次に向かうのは本コースの裏ボスとも言える強敵、御前山へのアタック。
県道221号 上町屋釜沢糸魚川線を、海川沿いに3~5%くらいの登り勾配を5kmほど遡り

県道221号
写真なかったのでGoogle Map(ストリートビュー)から拝借

左手に変電所が見えるあたりから、じわじわとキツくなり始め
(4kmの登りスタート!)

変電所
ストリートビュー

8~10%くらいになった先に見える赤い誘惑(コカ・コーラの自販機)

赤い誘惑
ストr(ry

たまらずココで足をつく人続出。

そして、左へカーブすると目の前に立ちはだかる絶望の壁

絶望の壁
スt(ry

上から見るとよくわかる?
たぶんこのあたりで15~20%

絶望の壁上から

おや?小さく写っているのはJローさん。苦しそうに登ってます。

カメラに気付いて余裕の笑顔。

Jローさん

颯爽と追い越して行きました。

 

その後も頂上まで続く10%以上の激坂に心が折れそうになりますが、このブログに「エッチな話すると乳酸流れる」って書いてあったのを思い出し、F光さんと一緒に実践したら本当に回復しました!!!
(詳しい内容は言えませんが、エッチな話の登場人物は某有名アニメ「ろんぐらいだぁす」の人たちにしました)

F光さん
エッチな話で回復したF光さん

ようやく頂上と思わせておいて、一旦下ってからの登り返しで、またまた心が折れかけるも、ふたたびエッチな話で回復。そのまま二人で第三エイドまでのダウンヒルを駆け抜けました。

 

ようやく第三エイドのある糸魚川シーサイドバレースキー場に到着!
ここまで来ればもう安心。みなさん安堵の表情で休憩している中

疲れきった鳥

あの鳥類の方が、疲れ果てて途方に暮れていました!

 

しばしお仲間さんたちとの、まったりタイムを過ごしていたら、無事お通じもやって来て、最重要案件を済ませることができたので、残りのステージをゴール目指して発車!

平坦区間では、自称平坦屋の僕が特急列車の先頭を引き

特急列車

 

2つある、短いけど割りと激坂な丘では、みなさんをお待たせして

おまたせ中

 

かぜピラのお姉さんたちに引いてもらったり

 

平坦で調子に乗ってスピード上げてたらM田さんに「速すぎる」って叱られたり(それ、平坦屋には褒め言葉です)

トンネル

 

無事ゴールに到着ー!

ゴール前

 

完走証もらいましたー!

完走証

 

ゴールした後のカニ汁。みんな疲れてるけど満足そう。

カニ汁
左:M田さん

 

グランフォンド糸魚川2017 走行データ
走行距離:約120km
獲得標高:約2,400m
スタート:AM 7:49
ゴール:PM 3:31

公式HP
http://www.nunagawa.ne.jp/gf/

 

お疲れ様でした!

カニ汁